包丁 菜切り包丁 岩国作 薄刃 刃渡り 240mm

和泉利器製作所商品番号:339083
filler
販売価格71,500 円
(税込)
送料無料
発送予定日
12月15日(金) - 12月19日(火)
LINEお友達登録でクーポンプレゼント

サイズ 刃渡り:約 24(cm)
内容量 1丁
材質 刀身:安来鋼
口金:水牛
柄:朴
生産国 日本製
区分 取り寄せ
返品・キャンセル区分(不可)

高い技術と手間をかけたプロ使用の逸品

●等級の高い鋼を使用し、鍛造に高い技術と手間をかけ、磨耗しにくく、切れ味が長持ちします。
●口金に水牛の角を使い、素材色そのままなので色の出方もひとつずつ違うプロ仕様の逸品です。


おすすめポイント


鍛造に高い技術と手間をかけたプロ仕様の逸品
等級の高い鋼を使用し、鍛造に高い技術と手間をかけ、磨耗しにくく、切れ味が長持ちします。口金に水牛の角を使い、素材色そのままなので色の出方もひとつずつ違うプロ仕様の逸品です。
※こちらは刃渡り24cmの商品ページです。

【機能バロメーター】※同社製品基準
切れ味・・・★★★ 研ぎやすさ・・・★★★ サビにくさ・・・★☆☆


自分に合った包丁が選べる豊富なラインナップ
ご家庭でよく使う、三徳包丁、菜切包丁はもちろん、専門店やプロの方にオススメの刺身包丁や出刃包丁まで、岩国作シリーズは、幅広い種類の「切れ味」を取り揃えております。


創業文化二年。選びぬかれた伝統の調理器具。
仁徳天皇陵の築造工事に用いられた鋤や鍬などの製造に始まり、堺の地で発展を遂げた鍛冶技術。その素晴らしい技術はやがて、「食道楽」の大阪を支える料理人たちの創意工夫と結びつき、料理包丁をはじめとする優れた調理器具を生み出しました。文化二年創業の堺刀司では、世紀を超えて人々に愛用される、本物の調理器具だけを作り続けています。


商品詳細


千切り、かつらむき等に適した野菜用の菜切包丁
大根や白菜などの大きな野菜も切りやすい、昔ながらの和包丁です。その名の通り、刃が非常に薄いので、せん切り、かつらむき等に適しています(江戸型) 。




二百余年の時を超え、継承される技と心。
古墳時代の仁徳天皇陵の築造に始まり、室町時代の鉄砲や日本刀の製造、そして江戸時代に重用された「たばこ包丁」製造など、我が国の至宝とも呼べる「堺打刃物」へと結実しました。「堺刀司」は文化二年の創業以来、堺の名匠たちが磨き上げた技や製法を現代に継承し、料理を愛する方々に向けた「一生もの」の調理器具をご提供しています。

堺包丁の品質を高めた分業制という優れたシステム
堺では伝統的に、鍛冶、刃付け、柄付けと、それぞれの包丁づくりの工程が独立し、各工程の職人たちが切磋琢磨して一本の包丁をつくりあげます。そうした分業制によって職人たちが技術を高め合い、優れた品質の堺包丁が生み出されました。

伝統の技と技術が生むより高品質な「一生の道具」
創業二百余年の「堺刀司」が追求するのは、「料理を愛し、料理を楽しむための道具へのこだわり」。名匠の技と伝統の製法を受け継ぎながらも常に新しい技術を取り入れ、現在はモリデブン鋼やオールステンレス包丁などの新開発も手掛けています。


鍛え抜かれた職人技。世界に誇る鍛冶の技術
長い歴史を持つ堺の鍛冶技術は、代々に渡って、当地の職人たちに継承されてきました。わずかな温度の差を自らの目で見極め、頃合いを逃さずに鋼を打つその技術は、ここ堺の地で数百年に渡って受け継がれてきた伝統の技。「他の産地とは念の入れ方が違う」と職人たちが胸を張るその鍛冶技術によって、料理のプロから家庭の主婦にまで広く愛される、「堺刀司」の包丁が生み出されるのです。

刃物の本場「堺」で培われ、守り抜かれてきた匠の技
熱のかけ方から泥塗り、焼き入れ、鍛冶の力加減にいたるまで、 堺の鍛冶工場で師から弟子へと受け継がれてきた伝統の鍛冶技術。 火と鋼の伝統の技が織りなす、芸術作品ともいうべき「堺刀司」の和包丁は、すべて鍛冶職人の手仕事によってつくられています。

名匠と呼ばれる鍛冶職人が丹誠を込めて仕上げた一丁
「堺刀司」の包丁を手掛けるのは、伝統工芸士に認定される名匠をはじめとする、熟練の鍛冶職人たち。彼らは10度の温度差による色の違いをその目で見極め、まるで鋼や炎と会話するかのように、目の前の一丁を丹誠込めて仕上げていきます。


多くのプロに愛される堺刀司の調理器具
料理を愛し、料理を楽しむための道具へのこだわりを、堺刀司は追求します。プロに愛される使い心地の堺刀司の包丁は数多くの料理のプロにご愛用いただいています。

LH4792 LH4746



カテゴリ
カテゴリ一覧調理用品包丁菜切り包丁


関連商品
同じシリーズを見る
同じシリーズを見る

Your Item最近チェックした商品